Home > Topics

小学新1年生を対象「交通安全キャンペーン2019」結果発表

クルマ社会の現代では交通事故が後を絶たず、常に社会問題になっています。少しでも交通事故を防ぐために重要なことは地域社会で交通安全に対する意識を向上させることです。クルマを運転する人はもちろん、道路を利用する人がその意識を高めることによって不慮の事故を一件でもなくすことができます。
一般財団法人リビングソーシャルプロジェクトでは子供たちの交通事故防止のために「通学デビュー」する小学新1年生を対象に「交通安全キャンペーン2019」として、「こうつうあんぜん てちょう」を配布し、学校での交通安全教育に役立てていただくとともに、家庭でも親と子が安全ルールを確認し合う機会にしていただければと考えています。また、本事業を通じて地域社会が一体となって子供たちを守る意識を醸成できればと考えています。

交通安全キャンペーン

交通安全手帳配布小学校一覧 ※2018年度

全71校

和歌山市

大新、広瀬、吹上、砂山、高松、宮北、新南、雑賀崎、雑賀、宮、四箇郷、芦原、中之島、和歌浦、宮前、湊、野崎、三田、名草、松江、木本、貴志、楠見、西和佐、岡崎、加太、西脇、みらい(分)、有功、直川、紀伊、山口、川永、和佐、山東、東山東、安原、小倉、太田、今福、野崎西、鳴滝、四箇郷北、福島、八幡台、浜宮、楠見西、楠見東、貴志南、有功東、藤戸台、伏虎、智弁学園和歌山

海南市

黒江、日方、内海、大野、亀川、巽、北野上、中野上、南野上、加茂川、大東、下津

岩出市

岩出、山崎、山崎北、根来、上岩出、中央

交通事故防止標語、たくさんのご応募ありがとうございました。
2019年交通事故防止標語の入選・佳作作品発表です。

2019年交通事故防止標語 入選・佳作作品

入選

小・中・高校生の部
まえうしろ みぎひだりみて よしわたろう
西畑 夢乃さん(和歌山市・7歳)

一般の部
押しボタン 車がなくても 使おうね
西山 知秀さん(和歌山市・41歳)

佳作

小・中・高校生の部
手をあげて 左右かくにん 横断歩道
小林 舞さん(和歌山市・10歳)

小・中・高校生の部
信号は 右左右 ちゃんと見て!
小林 唯さん(和歌山市・12歳)

一般の部
しんごうが あおでもみようね みぎひだり
安藤 和美さん(奈良市・48歳)

一般の部
ひとりでも ルールは守るよ 行き帰り
竹嶋 恵二さん(和歌山市・72歳)
主催

一般財団法人 リビングソーシャルプロジェクト(主管:和歌山リビング新聞社)

共催(2018年度)

交通事故をなくする県民運動推進協議会、和歌山県交通安全協会、日本二普協 和歌山県二輪車普及安全協会、
和歌山県交通安全母の会連絡協議会、日本自動車連盟和歌山支部、和歌山県自転車軽自動車商業協同組合、
和歌山県トラック協会、和歌山県軽自動車協会、和歌山県自動車販売交通安全対策推進協議会、和歌山県バス協会、
和歌山県自転車防犯登録協会、和歌山県自動車整備振興会 和歌山支部、和歌山地区自動車整備協同組合、和歌山県タクシー協会、
和歌山県自動車整備振興会、和歌山県交通指導員会連絡協議会、和歌山リビング新聞社

監修

和歌山県警察本部交通部

後援(2018年度)

和歌山市教育委員会、海南市教育委員会、岩出市教育委員会