Home > Topics

小学新1年生を対象に「交通安全キャンペーン2017」を実施

クルマ社会の現代では交通事故が後を絶たず、常に社会問題になっています。少しでも交通事故を防ぐために重要なことは地域社会で交通安全に対する意識を向上させることです。クルマを運転する人はもちろん、道路を利用する人がその意識を高めることによって不慮の事故を一件でもなくすことができます。
一般財団法人リビングソーシャルプロジェクトでは子供たちの交通事故防止のために「通学デビュー」する小学新1年生を対象に「交通安全キャンペーン2017」として、「こうつうあんぜん きしゅう君てちょう」を配布し、学校での交通安全教育に役立てていただくとともに、家庭でも親と子が安全ルールを確認し合う機会にしていただければと考えています。また、本事業を通じて地域社会が一体となって子供たちを守る意識を醸成できればと考えています。

交通安全キャンペーン

交通安全手帳配布小学校一覧 ※2017年度

全73校

和歌山市

大新、広瀬、吹上、砂山、高松、宮北、新南、雑賀崎、雑賀、宮、四箇郷、芦原、中之島、和歌浦、宮前、湊、野崎、三田、名草、松江、木本、貴志、楠見、西和佐、岡崎、加太、西脇、みらい(分)、有功、直川、紀伊、山口、川永、和佐、山東、東山東、安原、吉原(分)、小倉、太田、今福、野崎西、鳴滝、四箇郷北、福島、八幡台、浜宮、楠見西、楠見東、貴志南、有功東、藤戸台、伏虎、小豆島(分)、智弁学園和歌山

海南市

黒江、日方、内海、大野、亀川、巽、北野上、中野上、南野上、加茂川、大東、下津

岩出市

岩出、山崎、山崎北、根来、上岩出、中央

交通事故防止標語を募集します!

“通学デビュー”する小学新1年生が交通ルールを守り、笑顔で毎日を過ごせるように、ステキな標語作品を募集中です。
入選及び佳作に採用された作品はリビング和歌山の紙面で発表するとともに、4月に配布予定の「こうつうあんぜん きしゅう君てちょう」に掲載します。 賞品も用意していますので奮ってご応募ください。
※紙面発表などに名前や年齢(学年)などを掲載します。同意の上応募してください。

応募資格 小学生以上
応募作品の決まり 文字は20文字以内。作品は未発表の自作のものに限る
応募方法 応募フォームまたはハガキ・ファクスからお申し込みください
標語(1人3作品まで)と〒住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業(学生の場合は学校名と学年)、電話番号を明記ください。
(ハガキ)〒640-8557(住所不要) 和歌山リビング新聞社「交通事故防止標語」係
(ファクス)073(428)3421
応募締切 平成29年3月10日(金)※ハガキは当日消印有効
賞品入選=一般の部1点、小・中・高校生の部1点(それぞれ図書カード1万円分)
佳作=各部2点(それぞれ図書カード5千円分)

※入選・佳作の著作権は和歌山リビング新聞社に帰属します。

応募フォームはこちら

2016年交通事故防止標語 入選・佳作作品

入選

一般の部
信号が 黄色やったから 行かんとこ
平田 元三さん(和歌山市・77歳)

小・中・高校生の部
赤はダメ! 青になるから まっててね
山本 侑征ちゃん(和歌山市・11歳)

佳作

一般の部
交通の ルールが守る みんなのいのち
田中 邦彦さん(和歌山市・62歳)

一般の部
信号機 青でも確認 右左
匿名希望(和歌山市・53歳)

小・中・高校生の部
まぁいいか 心のすきまに 事故潜む
瓜生田 彩月ちゃん(和歌山市・13歳)

小・中・高校生の部
右左 青信号でも 見てわたろう
村上 あやのさん(和歌山市・11歳)
主催

一般財団法人 リビングソーシャルプロジェクト(主管:和歌山リビング新聞社)

共催

交通事故をなくする県民運動推進協議会、和歌山県交通安全協会、日本二普協 和歌山県二輪車普及安全協会、
和歌山県交通安全母の会連絡協議会、日本自動車連盟和歌山支部、和歌山県自転車軽自動車商業協同組合、
和歌山県トラック協会、和歌山県軽自動車協会、和歌山県自動車販売交通安全対策推進協議会、和歌山県バス協会、
和歌山県自転車防犯登録協会、和歌山県自動車整備振興会 和歌山支部、和歌山地区自動車整備協同組合、和歌山県タクシー協会、
和歌山県自動車整備振興会、和歌山県交通指導員会連絡協議会、和歌山リビング新聞社

監修

和歌山県警察本部交通部

後援

和歌山市教育委員会、海南市教育委員会、岩出市教育委員会