親子&キッズ防災検定

防災博士を目指せ! いざというときの備えを知る

  • 日時:2017年4月15日(土)
  • 会場:リビングカルチャー倶楽部フォルテ教室
  • 主催:
    特定非営利活動法人「検定協議会」(運営:株式会社ルート)
    一般社団法人 「リビングソーシャルプロジェクト」(運営:株式会社和歌山リビング新聞社)

キッズ防災検定
2017-04-15 13.40.05
リビング和歌山3月11日号のフロント特集「サバイバルで生きる技を身に付ける〜防災キャンプのすすめ」と連動して企画した「親子&キッズ防災検定」を実施しました。

この検定は、阪神淡路大震災の発生をきっかけに、震災で得た知識や教訓を後世に伝えていこうと兵庫県下すべての小学校で実際に行われている検定で、特定非営利活動法人「検定協議会」(神戸市)が実施しています。当日は同協会から講師を迎え、特別に和歌山で実施。小学5・6年生は子どもだけで、小学4年生以下(4歳以上)は保護者と一緒に参加し、検定に挑戦してもらいました。

2017-04-15 14.22.43
当日集まったのは、24人の子どもたちと20人の大人(見学者含む)、合計44人が集まりました。申し込みから1人のキャンセルもなく、すべての申し込み者が参加。関心の高さが伺えました。

検定の前には、講師が防災についてレクチャー。地震が起きる仕組みや、震度による違い、また備えについて、さらに津波や台風、土砂災害、竜巻などについても解説しました。その後、講師が1人に1冊配布した「防災ノート」を各自で記入。名前や住所、災害が起こったときの連絡先や避難場所、準備品のリストなどを記入。講師の塩木由佳さんは、「このノートにどんなことを書いたか、おうちの人と帰ったら話をしてください」と呼びかけました。

2017-04-15 14.25.41
そして、いよいよ検定本番! この日のために作られた特別バージョンの問題が配られ、参加者たちは挑戦。小学生5・6年生も、親子で参加していた小学4年生以下の子どもたちも、真剣に問題に挑んでいました。参加した子どもたちには名前入りの認定証が手渡され、最後にみんなで記念撮影をしました。

2017-04-15 14.34.20 2017-04-15 14.35.24
2017-04-15 14.53.42 2017-04-15 15.01.05